Categoryラン

160㎞耐久ラン in Nagoya vol.6(完結)

>>vol.5はこちら

長かったシリーズもいよいよ最後。
最終ステージだけは時間制限なし。
とはいっても、家族と夜のショッピングに行く予定なので、極端にのんびりするわけにもいかないんだけど。

M家の子供たちは早起きらしく、つられて僕もそこそこに早起き。
宿屋の習性で、人の声がすると寝てられないw
(家族の声は例外)
あ、YOMEと子どもたちはお泊りナシで帰りました。

朝ごはんもしっかりいただいて、M家の子どもたちと涙のお別れをして、最終ステージへ。
・・・裸足で履いてるだけあって、クツが臭すぎ。

<final stage>

しばらくは昨日走った道を逆走。
今日は半分くらい行ったところで銭湯に寄るのが楽しみ。
それにしても足が重い!
やっぱり疲労は溜まってるみたいね・・・

PB130101
朝ゴハンから少し時間がたってしまったので、出発早々朝マック。
まだ汗だくになってないからイートイン可能!

重い足を引きずるように、写真を撮る余裕もなくズルズル走って、なんとか中間地点・・・一宮の銭湯へ。

final stage 前半
走行距離 17.8km
スプリットタイム 2時間21分
ネットタイム 1時間45分
平均ペース 5’54/km

ここまでで一番遅いペース。
まぁしゃーないね。

PB130103
風呂に入って、昼飯食べて、マッサージチェア。
至福♪
着替えの持ち合わせが不十分で、下のジャージは汗臭いのを着なきゃならんのだけが・・・

とにかく!!この長丁場のアホ企画も、いよいよ最後だ!
せっかくここまで無傷で走ったんだから、ダラダラ走ってゴールなんてもったいない!!
気合い入れ直していくぜぇ!!

気持ちを切り替えてレースモードで走り出してみれば・・・おぅ、案外イケるぞ。
飛ばしていくよ~~♪

PB130105
知らん!
俺は止まらん!

PB130108
この庄内川を越えれば、いよいよ名古屋市。
彼方に名古屋駅の高層ビル群が。
いよいよ大詰め。

そのまま潰れることなく気持ちよくフィニッシュ!!
あー!よく走った!!

final stage 後半
走行距離 19.2km
スプリットタイム 1時間55分
ネットタイム 1時間38分
平均ペース 5’08/km

なんとこの最終区間が、全ステージ中最速ペース!
ずいぶん頑丈になったなぁ、自分。

総合結果
走行距離 159.8km
スプリットタイム 3日と約7時間(内、睡眠時間約10時間)
ネットタイム 14時間47分
平均ペース およそ5’33/km

こういうの初めてやったけど、なかなか楽しい!
丸々3日以上も使ったので、そう滅多にはできないけど・・・
みなさん、ぜひぜひ挑戦してみてくださいませ☆


160㎞耐久ラン in Nagoya vol.5

>>vol.4はこちら

腕時計のアラームで5時半起床。
これから60㎞を走ることを思って、計画した自分を少々呪ったが、幸か不幸か内臓は無事、足腰にも故障の兆候はない。
これで走らなければ、レース棄権と同じ。
ああ。二日酔いならあきらめて電車に乗るんだけど・・・
ため息をひとつ、荷物をまとめて、寝ている友人たちを起こさないように出発。
お礼はLINEで送っておいた。

<3rd stage>

PB120061
朝だなぁ・・・
こっちの朝は宮古よりも30分以上早い。
朝ランには向いていると思う。

PB120062
まずはコンビニ。
普段は糖質カットしてるから、朝ごはんなしでも走れるけど、空腹感が不快。
軽く食べたほうが気持ちよく走れる。

このステージは全ステージ中最長距離。
およそ中間地点となる名古屋までは無心に走る。
先は長いし信号もあるので、のんびりもしていられない。
13時ごろに岐阜のMの家で、YOMEや子供たちと合流することになっている。

PB120065
そんなこと言われても・・・
徒歩の人間には避ける手段なし。

PB120067
名古屋と岐阜の中間の町、一宮。
22号線は果てしない。

PB120071
東海地区が誇る一級河川、木曽川。
ここを越えればついに岐阜県!

PB120073
このトンネルを越えればもうすぐ!!
・・・当然というか、歩道はあるものの、徒歩の人間はほとんどおらず。
車の反響音が怖すぎ。
後ろから重機が追いかけてくるようなプレッシャー(泣

今回もなんとか目標時間すれすれで到着。
一足先に到着してたYOMEに怒られずにすんだw
疲労がたまってきてる割にはよく走れたかな。

結果
走行距離 60.3km
スプリットタイム 6時間54分
ネットタイム 5時間42分
平均ペース 5’41/km

PB120076
M家でもたいへんな歓迎を受けた。
わざわざケーキ用意してくれるとか、まじびびります。

PB120091
ここで「疲れたから動きたくなーい」
とか言おうものなら、
「だったらアホなことすんな」
という定型文が返ってくる。
何食わぬ顔で子供たちと散歩に行くのが、ウルトラランナーの矜持というやつですなw

PB120097
M家は一昨年、さんさーらに遊びに来てくれたのだが、子供たちはよく覚えていてくれたみたい。
子供たちの歓迎もまた嬉しいなぁ~~♪

今日はこのまま、M家で宴会&お泊り♪♪
ごちそうさまでした~~☆

>>vol.6はこちら


160㎞耐久ラン in Nagoya vol.4

>>vol.3はこちら

さて、初日は約62kmを走破して・・・まだまだ夜はこれから!
今夜集まる友人たちの一人の家でシャワーを借りて、すぐに雀荘へ!!
夕食の時間すらないので、麻雀しながらのコンビニ弁当・・・

<アトラクション stage:不健康トライアスロン>
第一種目:麻雀

僕を入れて5人集まるはずだったのが、急用で一人キャンセル。
東北出張で一人遅刻。
学生時代からの悪友たちもすでにアラフォー。
多くは妻子持ち。
ヒマだから集まってくれたわけじゃないのだ。


全画面キャプチャ-20171119-182827


G先輩は横浜から・・・


全画面キャプチャ-20171119-182811


Dは岩手から・・・


全画面キャプチャ-20171119-182842


何やら駅弁で苦戦している模様・・・

みんなありがとう。
クソ忙しい中、僕のわがままに付き合ってくれて!

ま、とりあえず。
シャワーを貸してくれたNと横浜帰りのG先輩で、19時頃から三人打ちでスタート♪
みんな雀歴20年級の強者、ブランク5年の僕には厳しいメンツだが・・・
5年分ギャンブルのツキを溜め込んでるわけだからチャラ!!
(麻雀打ちは勝手な理屈が好き)

麻雀ブログじゃないので詳しいとこは省くけど、それでもわけわからんと思う人は読み飛ばしてくださいね。
インフレルールとはいえ、1ゲーム目に、まさかの数え役満。
いやー、5年分のツキは伊達じゃないね♪
でもそれで終わり。
あとはボコられたり、やり返したりで、トントン・・・というところですでに深夜0時。
で、そこに岩手帰りのDが合流。
4人打ちにチェンジして続行。

僕は麻雀中には酒を飲まない主義だけど(負けるから)、今回のはロングラン明けという渇きとハイテンションが重なってしまったため、ときどきビールを飲みながらの闘牌。
眠くないかって??
眠いっていうか・・・明け方頃には時々意識が飛んでたようなw

お開きは朝6時過ぎ。
成績はトントン。
ブランク明けで、猛者たちを相手にコレなら上々でしょう♪
そしてここで寝ないのがこのメンバーの恐ろしいところで。
ともあれ、まずは早朝の吉牛。

第二種目:スロット
N曰く、この日は「アツいイベント」をやっているとのこと。
本来は前日に並んで整理券をもらって打つ展開らしいが、まぁ席が空いてたらやろう、という感じで。
Nの車で開店待ちをしている間に1時間ほど寝落ちしてしまったが、運良くNと並びの席が取れた。
スロットなんてもう何年もやってないから、教えてもらいながらじゃないとやれぬ。
よかったよかった。
結果、良い台に座れたようで、今回の耐久ランの全経費を賄えるくらいは勝った。
ラッキーラッキー。
こちらもツキが貯まってたか??

時間はすでに18時ごろ・・・

第三種目:飲み会
そのまま打ち上げを兼ねて焼き鳥屋へ。
串はもちろん、モツ鍋がうまかった~~♪
その後はコンビニでちょっと買い出しをして、Nの家で二次会。
全員疲労困憊。
深夜0時過ぎに寝落ち・・・

宮古での暮らしは、平和で平穏で、己を見つめながら日々を過ごしている感じだが、この日はもう真逆!
いやぁはっちゃけた!!
サイコーに楽しかった!!
みんなありがとう。
また数年後もよろしく!!

結果
第一種目:トントン
第二種目:勝利
第三種目:旨し
スプリットタイム:約30時間

次は5時間睡眠で3rd stageスタートだ!!

>>vol.5はこちら


160㎞耐久ラン in Nagoya vol.3

>>vol.2はこちら

シリーズ3本目、引き続きご覧いただき、ありがとうございます^^
でもまぁ疲労がいろんなとこに溜まっていたのか、今朝ジョギングに出かけたら、突然の目眩→顔面から大転倒で、前歯を折ってしまった。。。
体からの警告が痛みとしてやってくるように、これは人生からの警告かもしれない。
好調だからといって有頂天になってると、いずれ大怪我するぞ、という・・・なんて思ってみたり。
うん。少し自重することにしよう。二、三日だけど。
足を傷めなくてよかったw

さて、話を戻して。

<2nd stage>
ばあちゃんちを13時頃出発。
目的地の刈谷駅までは約45km。
18時頃に友人と待ち合わせているので、信号待ちを考えるとあまり余裕はない。
サクサク行きますよ~~

PB100019
八開村のあたりは、レンコンの産地。
水田の多くが、稲じゃなくてレンコン畑。

PB100027
このあたりは名古屋市に近い割には農家が多く、のどかな道が続く。
いつも走ってる宮古島と似てて落ち着くw

PB100046
新調したランニングウォッチにはルートナビ機能があって、ほぼ確実に目的地まで案内してくれるんだけど・・・・
こんな自動車走行不可能な道だったり。
これはこれで風情があって結構だけど、ちょっと不安になる。
あ、その時計についてはまたの機会に。

PB100048
そうこうしているうちに名古屋の中心を抜け、三河地方へ。

PB100047
このあたりからの国道23号の立体交差。
警戒はしてたけど、やっぱりランナーにはやっかいで、自動車専用道路だったり、用水路や開かずの踏切にぶつかったり。
やむなく迂回しているうちに思わぬタイムロス。

PB100052
ついに日が暮れる・・・
なんとか18時15分ごろ、友人宅近くのコンビニに到着、合流。

結果
走行距離 44.8km
スプリットタイム 5時間10分
ネットタイム 4時間2分
平均ペース 5’26/km

8分目で走ってこのタイムなら十分かな。
さて、この後は30分のシャワー休憩&コンビニ弁当で、アトラクションstageに突入なり~~♪♪

>>続くアトラクションstageはこちら


160㎞耐久ラン in Nagoya vol.2

>>vol.1はこちらから

<1st stage>
最初の目的地は八開村。
今は市町村合併で愛西市となっているが、僕にとってあそこは八開村だ。
市なんておかしいw
父方の実家なので、父親に現地で合流してもらうことにした。
ばあちゃんには長らく会っていないので、会話が通じかなかったり、かみ合わなかった場合に、二人きりはしんどい。

「俺は2時間程度で着くはずだから、おやじは車で来てねー」
「・・・わかった。。車に気をつけてな」

ほんの17㎞程度・・・と感じるのは、こっち側の人間だけかw

PB100023
名鉄の支線。
真っ赤な車両が愛知県名物。

走り出してみると、軽い軽い!!
冷たく乾燥した空気はこんなにも走りやすいか!
宮古に移住した直後、ものすごく遅くなった気がしたが、きっとこの空気の違いのせいだな。
気持ち良いので突っ込みたくなるが、4日間の耐久ラン、序盤で張り切りすぎは危険。

PB100037
宮古には存在しない、稲穂。
ああ。この風景、秋の楽しみだったなぁ。

人に会うプランのため、時間無制限ではないが、かなり余裕のある予定を立てた・・・はずだった。
計算外だったのは信号の量。
こんなに止められるとちょっと厳しい。
意外とがんばって走るハメに。

結果、コンビニ休憩や信号を除いたネットタイム、1時間35分(5’21/km)に対して、実際のタイム(スプリット)は1時間50分。
案外余裕ないぞ。

PB100016

ばあちゃんは元気そうだった。
なんか・・・10年位前から時が止まったように変わらないぞ。
御年93歳にして、身の回りの面倒はもちろん、畑仕事や庭の手入れまで自分でやってる。
一人暮らし。
会話もほぼ通じる。
ただ、実家から走ってきたことは目を丸くして驚いていたが、この後、三河まで走っていくことは説明しても理解できなかったらしいw

さて、お昼を挟んで4時間ほど休んだら、すぐに2nd stageのスタートだ!!

>>vol.3はこちら


© 2017 走禅の道

Theme by Anders NorenUp ↑