Category料理

さんさーらのお料理実験室.002

ども。さっしー@断捨離決行中です☆
事務室のセルフリフォームが順調で、意外と早くネット環境が戻ってきた。
でも詳しくはもう少しキレイになってからにしようかな。

今回は自家製ベーコンの製作について。
前回のししゃもは、熱燻(高温短時間)の燻煙処理なので、お手軽にやれるのだが、ベーコンは温燻といって、もっと低温で長時間燻煙する。
燻煙自体も時間が掛かるが、仕込みに4~5日かかる。

すでに4~5回やってるので、だいたい要領はわかってきた。

えー、下処理についてはまた改めて。
それだけで長くなるし・・・写真取り忘れたしww

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

燻煙直前まで処理が済んだのがこちらですw
ブロックのバラ肉2本分、ヒレ肉1本分。
僕はバラの方が脂たっぷりで好きだけど、ヒレもさっぱりしてヘルシーでいいかも。
YOMEにはヒレのほうが好評。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は温燻なので大型スモーカーを使う。

コイツはプロパンガスのボンベをリメイクしたもので・・・
「矯正展」なる展示会で買ってきた。
矯正展、つまり、刑務所作業の製品ということ。
高品質、激安。
実は、元々はさほど燻製に興味があったわけではないのだが、ノリでこのスモーカーを買ってしまったので、後に引けなくなって研究を始めた次第w

このスモーカー、難点は炭火しか使えないこと。
つまり炭火を起こさなきゃいけない。
点火に時間がかかる。
そして、温度を一定に保つための火力調整が難しい。
でもいいのだ。
そういう面倒くささまで含めて燻製なのだ。
(と思うことにしてる)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とにかく炭火の用意ができたら、チップを加熱してモクモクしてくるのを待つ。
スモーカーについてたチップ皿は、鉄板が厚すぎる上に「足」がなくて使いにくかったので、100均アイテムで自作。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

で、用意ができたら先程のお肉をこのように。
おお。すでに旨そう。
ボンベの排気口と炭の量を微調整して、温度を60~80度くらいに保つ。
4時間ww

さて、残念ながらここで写真を切らしてしまった。
出来栄えは・・・悪くはない。
悪くはないんだけど・・・煙が足りなかった!!
これじゃあ市販の高級ベーコンだ(不満)。
炭とチップの組み合わせは難易度が高いらしい。
かなり高温にしないとチップからは煙が出ないのだが、庫内温度が上がりすぎると熱燻になってしまう。
次からは使い勝手の良いウッドでやることにしよう・・・

あ、今回のベーコン、ブツブツ言ってるのは僕だけで、他の方々には頗る好評だった。
まぁ実際美味しいしね。
自己満に届かなかっただけでw

ではまた。


さんさーらのお料理実験室.001

ども。さっしー@燻製研究中ですw
これからは当ブログにこーゆーネタも取り入れてみようかと思っております。

さてさて、なにゆえ燻製などはじめたかというと、まぁそれはそれでひとネタあるのだが、それはまた別の機会に語るとして。
今回は春休みのプチ繁忙期のスキマ時間を使って、新メニューの開発実験をやってみることにした。
なぜ今??
来週はヒマなのに!?
だって昨日、Amazonから小型燻製器が届いたんだものw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は友人からおすそ分けしてもらった、冷凍ししゃも(?)をスモークしてみる。
北海道から届いたと言ってたので、いいモノなんだと思う。
小型燻製器を使って、熱燻する。
熱燻は高温短時間の燻煙処理で、いぶしやきとも言う。
加熱効果も高いので、そのまま食べられる便利さもあるが(低温でスモークすると、ベーコンのように食べる際に再加熱が必要)、基本的に保存効果がなく、日持ちはしない。

小型燻製器とはいえ、どのくらい煙が出るかわからないので、カセットコンロを使ってテラスにて。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「オイオイ、サカナのニオイがスルぞ??」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

燻製器といっても、このサイズのやつは中華鍋でも代用可能。
うちの中華鍋はデカすぎるなぁ、と思ってたら、専用の燻製器が2千円台で売ってたので、ついポチっとw
やっぱり専用機は小物(網とか蓋とか)がしっかり揃ってて便利♪

まずは下皿にスモークチップを入れて、その上に網。
そして蓋をして、モクモクしてくるまで強火で加熱。
要は木片が焦げ始めるまで加熱するので、案外時間がかかる。
空焚きと同じだから、ヤワな鍋だとすぐ傷むかも?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モクモクしてきたら、ししゃもを並べて、いざ!
ちなみに、食材にはオリーブオイルを塗っておくのが基本らしい。
香りのノリがよくなるとか。
ホントはここで、ピックル液(塩分の強い自家製調味料、また後日解説)などを塗っておくのがベターだったのだが・・・後の祭りw
そしてフタをしてモクモクするのを眺めながら待機。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

火を使ってるからね、目を離すと危ないからね、でもヒマだからね、まぁお茶でもしながら待ちましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ときどきフタをあけて、様子を確認。
だいぶいい色になってきたぞ。
もう香りがたまらん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして25分スモークしたのがこちら。
うまそー!
黄金色というか飴色というか!
こりゃ今夜のさんさーらの食卓に、一品おまけで出せるんじゃないの~~♪
まぁとにかく一口!!




パサパサやな



香ばしいけど、味がナイ



うっ、ノドに小骨が!

いやいや。
一発目というのはなかなかうまくいかないものだな。
改善点は、、
スモーク前に塩気を足すこと、加熱時間をもっと短くすることかなぁ。
次!がんばろ!
いずれさんさーらの食卓に並べられるように!!

PS.マヨネーズをつけて食べたら、そこそこイケるおつまみになったw
もちろん、責任持って僕が全部食べますよ☆


© 2018 走禅の道

Theme by Anders NorenUp ↑