Category育児

イジメ、学校、親・・・

最近2件ほど、いじめの問題について考える機会があったので、所見を書いてみたい。
「いじめはイケナイ」とか、そういうありきたりな話はそこら中に転がっているのでいいとして、僕が言いたいのは、心理的盲点についてだ。
盲点というのは、自分では気づけない、あるいは気づくのがとても難しいからやっかいだ。
その上、SNSの普及によって、重大な盲点を含んだ感情的な投稿が、そのまま拡散されてしまったりする。
投稿者にもそれに共感、拡散する人たちにもまったく悪意がないのが逆にやっかいで、下手に盲点を指摘するコメントを書いたりすると、誤解されるだけでなく、「アンチ」と勘違いされて攻撃されたりしかねない。
あくまでも僕の独り言としてブログに書いてみることにした。

前置きが長くなった。

◇例題1◇
SNSへの投稿より、要点を箇条書きで。
○投稿者(母親)の子供が学校で酷いイジメにあって不登校になっている。
○子供は、加害者の子供と先生を名指ししている。自殺未遂もあった。
○母親は学校、教育委員会に早急な対応を求めるが、全く誠意ある対応をしてもらえないどころか、問題をもみ消そうとしているようだ。
○新学期に勇気を出して登校するが、やはりイジメは解消されずに再び不登校に。
○学校側は、短期間登校したことは成績には考慮しないと宣告。

多少乱暴に要約したが、特定の問題を扱いたいわけではないので。

この母親は、問題の根幹は学校と加害者児童にあり、学校側と教育委員会で対処するのが最善だと考えていると思われる。
だが、果たしてそうだろうか。
もちろん、問題の発端はイジメ加害者なのは間違いない。
だが、「対策」は家庭が第一だ。
蹂躙されて自分の存在意義を見失ってしまった子供に、もう一度希望を与えることだ。

「そんな学校、いかなくていいからね。
あなたは私の大切な子。
代わりの学校はたくさんあるけど、あなたは一人しかいない。
気持ちが落ち着くまで、気が済むまで、一緒にいてあげるから、怖がらなくていいよ。
元気が出て、また学校に興味が出たら、他の学校にでも転校しましょう。
あの学校には二度と戻らなくていいんだよ。」

子供はこういう言葉をかけて欲しいのだ。
学校は監獄になってしまった。
公開処刑場だ。
中にいるのは敵と猛獣ばかり。
安全を約束してあげる、と敵がいったからといって、処刑場に子供を送り返す??
違うでしょう。

母親は、学校や社会は公正であるべきだ、あって当然だ、と思っているのかもしれない。
その前提が盲点を作る。
社会は公正ではない。
社会のルールやモラルは、「全体の総合利益」を守るために存在しているだけで、個人や弱者を守るようにはできていない。
正確には「全体の総合利益」のためには、ある程度、個人や弱者も保護するのが望ましいというべきか。
なんにせよ、「困ったら助けてもらえる」とは思わない方が良い。

この母親も間接的被害者だ。決して非を責めるつもりはない。
が、子供を助けるのは自分しかいないという意識がなければ、最悪の事態もありうると思う。

◇例題2◇
PTAの研修会でのこと。
素晴らしい公演だったのだが、内容を書くとすごく長くなるので、僕が違和感を感じたことについてだけ。
そのパネリストは、自身の中学生時代に体験したこと・・・・
○不良グループによる、壮絶な暴力と、金銭巻き上げの日々
○親にも先生にも相談できない苦しみ
○自分が上級生になってからはいじめる側に回り、されたのと同じ事をしたこと
○それに嫌気がさして、不良グループを脱退したこと
などを話した。

僕が違和感を感じたのは、公演の内容ではなく、客席から幾度となく笑いが漏れることだった。
笑う内容か???
たしかに、パネリスト氏のユーモアのある語り口は、聞き手の気持ちを軽くしてくれる。
軽い冗談に対して、軽い笑いで応えるのは、話し手に対する配慮もあるかもしれない。
とはいえ、パネリスト氏は「自殺も考えた」とまでいっているのに、よく笑えるな。
もしこれが「大震災被災者の体験談」だったとしたら、同じくらいユーモアを交えて話したとしても笑えるか???

僕は最初、「笑った人たちは、イジメの問題を軽視しているのだろう」と思った。
だが、考えるうちに、それも違う気がしてきた。
この公演はそもそも有志参加だし、その上たくさんある公演の中から、興味のある内容を選んで受講しているのだ。
そんな人たちがイジメを軽視しているとも思えない。

結局、僕がひとつの仮説として考えたのは次のようなものだ。
みんな、笑って誤魔化している。
イジメ被害者だった人は、大人になってからもそれを忘れない。
心の傷が完全に癒えることはなく、「大人になったんだから」「ずっと昔のことだから」と、自分自身に折り合いをつけている。
加害者だった人も、一部を除けば、おおよそマトモな社会人になっている。
自分が加害者としてイジメに関わった過去は、良心に大きな影を落とす。
「昔はワルだったけどさ」「やんちゃな年頃ってやつ?」「俺だけが悪いんじゃないよね」
みたいにして、同じく自分自身に折り合いを付けている。
傍観者だった人たちにも、ぬぐいきれない罪悪感を残している人が多いはずだ。

みんな大人になって、子供のいじめ問題に向き合おうとしているが、自分のいじめ問題は過去のこと・・・済んだことにしておきたい。
だが、本当に済んだこと、今は客観的に問題を見つめられるのなら・・・深刻な話の最中に笑いが漏れることはないはずだ。
イジメによる負の遺産は、生涯消えないのかも知れない。

さて、つらつらと思うところを書いてみたが、ではどうすればイジメはなくなるのか、などと問われても困る。
そんなアイデアがあるなら最初に書いている。
もし、これを読んでくれた人に一つ提案するとすれば、「逃げ場所を作ってやってほしい」だ。
社会は不平等で不公平な修羅場であり、学校はその縮図だ。
イジメがなくなるなんて、戦争がなくなるのと同様にあり得ない。
1000年後にも人類が滅びていなかったとしたら、やはりイジメも滅びていないだろう。
(イジメをなくしたいという思いが大切で尊いことは言うまでもないが。)
大切なのはドロップアウトする自由ではないのか。
社会からドロップアウトすると「食っていけるかどうか」という問題が出てくるが、学校は違う。
そんなときこそ、親が守ってやるべきじゃないのか。
親の真価は、おもちゃを買ってやることでも学費を出してやることでもない。
子供が社会的困難にぶつかったとき、受け皿になってやること。だと思う。

つい最後まで真剣に書いてしまった。
申し訳ない。


三女誕生!

P1010676

2015年11月4日朝。
帝王切開で無事に生まれました。
2980g、女の子。
母子共に健康。

長女、次女のときも書いたが、感情がフレッシュなうちに文章にしておこうと思う。
(長女たちのログは旧ブログと共に消滅・・)
あくまでも男目線の雑感なので、その辺はあしからず。

YOME、3度目の妊娠・・・
3度目になると、発覚したときの驚きもかなり小さくなるらしい。
「えっ・・・ほんとー。三人目かぁ」
みたいなw
妊娠期間も、一番短く感じた。
妊娠に関する特別なトラブルがなかったおかげでもあるが、長女の入学、民宿の開業などなどビッグイベントが続き、通常時も上2人の子供たちの相手をしながらだったのだ。
長女の時は、一緒に散歩に出たり、育児について語ったり、妊婦中心の生活をずいぶん続けたものなんだが・・・
3番目ってそういうものなのかも。

そして出産(手術)当日もまた然り。
長女の時は、自然出産で僕の母が取り上げる予定・・・だったのが、大晦日に様態急変、救急車で搬送されて、緊急帝王切開だった。
あんなに長い年越しは後にも先にもあの日だけだ。
元旦、手術室から出てきた長女の顔をみて涙が止まらなかった。
その後しばらくして出てきたYOMEの顔を見て、また涙が出た。

次女の時は、自然分娩だった。
一度帝王切開しているのでリスク有りとして、大病院で完全なサポート体制の元で出産。
僕も初めて出産に立ち会った。
YOMEが叫び、握った僕の手に爪がささる。
ベッドの反対側で飛び散る鮮血・・・
すげーな、これが出産か・・・
トラブルなく次女は生まれたが、YOMEが産後の出血が酷く、処置に約2時間。
2Lくらい出血したらしい。
大病院でよかった・・・

かくして3度目のお産を迎えたわけだが、今回はもう冒険しないということで、予定帝王切開。
予定通り昨日入院して、今朝手術室まで付き添って、数時間で無事に出産。
ん?これが普通なのか???
こんな緊張感がなくていいのか??
なんの心構えもなくその日を迎えてしまったことに、多少の罪悪感を感じるほどだ。
(もちろんYOMEは手術が近づくにつれて緊張していたようだが)

P1010669

とまぁ僕は心の中で、石ころを蹴っ飛ばすみたいにして、つまらない雑念を転がしていたわけだが、新生児室で三女の顔を見たら、そういう感情がどうでもよくなった。
あー。心が洗われるようだ。
なんて真っ白なんだろう。
真っ白なキャンバスみたいだ。
何も書かれていない。
純粋、、というのとも何か違う。
純粋と言うと、何か不純なものと対比しているみたいだから。
対比するものが何もない純粋さ。
無垢。
無限の可能性がありながら、何かの可能性を投影するのもためらわれるような、眩しい白。
そうか。人間はこの世にやってくるとき、こんなにも真っ白なのか。

上の2人の時には気づかなかった。
あまりにも自分の感情が強すぎたのかもしれない。
しばらく茫然と、この無垢な生き物を抱っこしていた。
「奥さんと面会できますよ」
助産師さんに声をかけられて、我に返った。

P1010678

今回はYOMEの経過も良好なようだ。
「麻酔の効きが悪くて痛かったり、効き過ぎて息が苦しかったら嫌だなぁ・・・」
とか、助産師らしくもないことをぼやいていたが、それも大丈夫だったみたいだ。
手術中、ベビーの誕生と同時に、BGMが「ハッピーバースデー」になったりと、粋な演出もあったらしい。
意外と(失礼w)気が利いてるなぁ、宮古病院。
宮古病院ではかなり長く入院期間が設定されているようで、帝王切開の場合は10日間退院できない。
これからしばらく、ワーキングマザーならぬナーシングファーザーだなw

P1010672

お。笑ってる??
お姉ちゃんたちに似てるなぁ~

_D7N3818

参考画像、長女、生後二日。
やっぱり似てるw

最後に。
たくさんの励ましやお祝いのメッセージ、ありがとうございました。
特にFBのメッセージは、過去最高数のコメントをいただき、こんな自分でも多くの人に見守ってもらっているんだなぁ、ありがたいなぁ、としみじみ思っております。
個別に返信をするべきとは思うのですが、ここでお礼に代えさせていただきます。
メッセージをくれた方をイメージしながら、ひとりひとりにお礼を書くには、僕のキャパを超えており、「お礼の定型文を貼り付けるような作業」になってしまいそうなので・・・
ありがとうございました。
新しい家族をよろしくお願いします^^


トライアスロン、おまけ

先日の長文レポートを読んでくださった方、わざわざコメントやメッセージをくれた方、読みかけて面倒くさくなった方、ありがとうございました。
今日は、レポートで書ききらなかった小ネタを少しだけ。

まずはみんなと同じ完走賞。

P1010216
おなじみ完走メダル。
あまりにピカピカだからプラスチックにメッキか?と思ったけど、持ってみるとけっこーズッシリ。
そういえば、内地でもいろいろ走ったけど、メダルくれる大会って珍しかったような・・・
沖縄の大会ってやたらとメダルくれるなぁ。
それとも今は内地でもそうなのか???

他に、完走Tシャツ、完走タオル、完走証(記録証)。
写真は割愛w

そしてこちらが僕だけの完走賞。

P1010213
みぃメダル。
厚紙&フェルト製。

P1010214
裏面にはメッセージ。
見ての通り猫好き。

P1010215
こちらは、いのメダル。
かなりYOMEが製作を手伝った模様。

P1010212
賞状と景品。
タコ・・・

僕が走ってる間、見えないときも一生懸命応援してくれてたみたいだ。

続いて、レース直後の・・・

1883
インタビュー!?
僕としては上々の成績だったとはいえ、到底インタビューを受けるようなレベルではない。
だがそこは宮古島。

宮古島には、宮古新報、宮古毎日という二つのローカル新聞がある。
全国版の新聞とは、内容が全然違う。
もちろん、全国的なネタ(首相が何か言ったとか、某国がミサイルを撃ったとか)は掲載されるが、誌面の多くをローカルネタが占める。
今年のキビはキロいくらだとか、各小学校の新一年生全員の写真だとか・・・
そのネタとして、トライアスロンでも宮古選手へのインタビューがあるようだ。

今回来たのは、宮古新報と宮古テレビ。
疲れてて十分に緊張できなかったのが幸いかもしれないw

1879
でも生中継とは思ってなかった^^;
数分後、テレビ見たよ~~のlineが複数の知り合いから・・・
宮古ネットワーク恐るべしw

P1010205
翌日には公式の閉会式&ふれあいパーティ。
宮古の大会には、こういう公式パーティがよくついている。
選手は参加費無料で飲み放題&食べ放題。
ん?エントリー費用に込みというべきかw
最初は、疲労の極みにある人間たちに立食パーティさせるか!?とか思ったけど、慣れたw
座りたければこうして地べたに座るだけのことだし。

こうして、身体も強ければ酒にも強い宮古アスリートたちは、さらに二次会へと流れ、大会は幕を下ろすのでした~^^


スラブ打ち!!

ちょっと前置きから。
先日書いた入学式の午後からは、「入学祝い」があった。
宮古では、小学校の入学を盛大にお祝いする。
親族はもちろん、ご近所や友達、PTAの人たちなんかもご祝儀を持って家にやってくる。
宮古で生まれ育った人たちは毎年、たくさんのご祝儀袋を持って、新一年生のいる知り合いの家をハシゴすることになる。
もてなす側も、たくさんの料理と酒を用意して、自宅の一番広い場所を使って何時間にもわたる宴席を準備し、入れ替わり立ち替わりやってくるお客様に挨拶しなければならない。
とても、夫婦二人では切り盛りできないのだ。
今回は主に、YOMEの職場の女性たちが手伝いに来てくれた。
加えて、本土から僕の母も。
料理は大皿のオードブルを6台発注。
それに加えて、刺身や汁物、煮物を一人一人に配る。
みぃはお客さんからご祝儀袋を受け取り、ありがとうを言うのが仕事。
YOMEはヘルプに来てくれたみんなと一緒にキッチン。
僕は宴席の接待。

いやー、忙しかったが、楽しかった。
後で聞いた話、移住2年にしてはけっこうな盛り上がりだったそうだ。
子供は宝というが、こっちではホントに多くの人が子供を大切にしてくれる。
肝臓には悪いが、子供には素晴らしい文化だw

ここまでが前置き。
入学祝いだけでブログのネタにしようと思ったが、あいにく写真を撮る余裕がなく、文字だけになってしまうのでやめた。

さて、入学祝いのたった3日後・・・

新築工事最大のイベント、「スラブ打ち」が!

スラブ打ちは、木造建築で言うところの棟上げにあたるらしい。
こちらの鉄筋コンクリート住宅では、屋根を作るために、型枠を組んでコンクリートを流し込むわけだが、それをスラブ打ちという。
そして、上棟式というお祝いがあるように、こちらでもスラブ打ちの日には盛大にお祝いをする。
そう、結婚式に次ぐような規模のお祝いを週に2回主催することになったのだ・・・

P1010128
朝6時半、建築中の屋上から。
天気予報は雨だったが、みごとな青空。
雨が降ると、スラブのお祝いはヤバイことになる。
お祝い料理の多くを屋外で作るし、土砂降りになると、スラブ打ち自体が中止になる。
コンクリートが固まる前に流れてしまう可能性があるからだ。

P1010126
前日夕方に、急遽設置した炊き出し用テント。
テントは業者が用意してくれる話だったが、炊き出し用は間に合わないとのことで、慌てて部落会から借りた。

P1010148
8時頃から、揚げ物と豚汁の調理開始。
今回、誰よりも力を貸してくれたのは、隣の家のKさん。
友達のお母さんでもある。
1から10まで教えてくれたと言ってもいい。
この巨大鍋も彼女が手配してくれた。

大きい方鍋は大人がお風呂にできるくらいのサイズ。

P1010150
小さい方でも、子供のお風呂にはなりそうだ。
揚げているのは島豆腐♪
一度に使うサラダ油は8kg!

P1010154
刺身用のマグロは25kg!!
友達が朝、港の市場で仕入れてきてくれた。
これで1万円www
このマグロも全部Kさんが刺身にしてくれた。

P1010152
僕らが宴席の準備をしているうちに、業者の人たちが工事の準備を済ませ、ついにポンプ車(コンクリートポンプ車)と生コン車(コンクリートミキサー車)が到着。

P1010153
生コン車が入れ替わり立ち替わりやってきて、ポンプ車がどんどんコンクリートを流す。

IMG00355
屋上ではたくさんの職人たちが、ていねいに自分の作業をこなしていく。
自宅兼民宿なので、普通の民家よりかなり大きい。
使った生コンは、なんと生コン車14台分!

P1010165
ここまで来たら、あと少し。
最終的に、工事は13時頃終了。

で、僕らの仕事はそこからが本番。
作業を終えた職人さんたちに料理を配る。
おかわりを配ったり、空き缶や空いたトレイを始末したり。
巨大クーラーボックスに大量の飲み物を用意していたが、ソフトドリンクが足りなくなって友達に買い出しを頼んだり。
職人さんたちもビールを飲むと思ってたら、みんなお茶だったのが誤算。
次の仕事があるのか、みんな車で来てるのか・・・・

料理の方はどれも好評。
今回はお店のオードブルを頼まず、すべて手料理。
メニューはすべてKさんが提案してくれたもの。
僕も買い出しはもちろん、前日深夜まで豚汁の野菜を刻んだり、下ごしらえを手伝った。
お客さんに美味しいと言ってもらえるのはうれしい。

職人さんたちが帰ったあとは、ご祝儀や差し入れをもってやってくる知り合いがちらほら。
そして、夕方。
仕事が終わったご近所さんや友達がどんどんやってきて、宴会になる。
もっと写真撮っとけばよかった・・と思うが、主催者のプレッシャーは結構なもの。
まぁ仕方ない。

P1010166
完全に暗くなってからは、僕もやっと肩の荷が降りて、みんなと一緒に宴会♪
オトーリあり、三線あり、踊りあり・・・
たくさんの人に、おめでとう、がんばれよ、と言ってもらった。
大変ではあったけど、宮古流でやってよかったな。

いろいろ勉強にもなった。
こういうお祝いは好意で手伝ってくれる人たちが不可欠だ。
身内だけではほぼムリ。
なるほど。ゆいまーるか。
主催者もその身内やヘルパーもお客も、みんなで大切にしていないと、こういう文化は残せないんだろうな。
客も別の日には主催者になるし、主催者も別の機会にはヘルパーになる。
うむ。呼ばれた祝い事にはできる限り顔を出そう。
身近な人の祝い事には、裏方を買って出よう。

それから、料理。
正確な数はわからないけど、多分100人くらいに料理を出したと思う。
これから宿で食事を提供することに、少し自信が持てた。
宿で出すのはせいぜい10人前だ。
厨房と道具とレシピさえ用意すれば、なんとかなるさ。
今回のお祝いで出したKさんオリジナルの「油味噌」、すっごい美味しかったから、作り方教わってうちでも出そう♪

みんな、ありがとう。

今年、いや向こう数年で、一番忙しいであろう1週間が終わった。
次は??
アルコール漬けの内臓を一週間かけて治し、日曜日にはトライアスロンだ!!


新一年生!

気づいたらなんと1ヶ月も投稿をサボっていたらしい。
ブログというのもしばらく書かないと、復帰するタイミングが難しくなる。
なぜ今書くんだ??十分サボったんだから、今日じゃなくてもいいだろ。
みたいな。
不登校の子供はこうしてますます学校に行きにくくなったりするんだろうな・・・

さて。書くのはすっかり遅くなってしまったが、長女のみぃが小学校に入学した。

D7N_1358
D7N_1360
6学年で20人少々の生徒しかいない、小さな学校。
僕らの親世代には30倍くらいはいたらしいが・・・小さな宮古島の中でも、少しでも便利な中心地へみんなが移動してしまうようだ。
便利さ・・・っていったい何だろうなぁ。
何かを得るには対価が必要。
それはお金で払えるとは限らない。
便利さの対価は・・・まぁいいや。

小さい学校とはいえ、子供たちがみんな家族みたいで、とても温かくていい学校だ。
この学校で過ごした日々は、きっと将来の財産になると思う。

今年度の1年生は5人。
全員がこの大舞台で自己紹介をすることになっている。
大規模校ではそんなことしない。

「まえだみぞれです。いちねんせいになったら、さんすうのべんきょうをがんばります」

大人数を前に、マイクを持って一生懸命。
強くなったなぁ。

_D7N3783

6年前の大晦日。
僕の母が助産院で取り上げるはずだった赤ちゃん。
だが、いよいよというところで様態がが急変、救急車で総合病院に運ばれ、緊急帝王切開となった。
ずっとYOMEにつきそっていたが、あんな長い夜はなかった。
無事に手術室から帰ってきたYOMEとみぃを見て、涙を堪えられなかった。

_D7N3742

1歳半になっても歩かなかったみぃ。
そういう個性もあるだろうとは思いつつ、万が一、足か運動神経に先天的な異常があるとしたら・・・なんて心配したりもした。
あの頃は器用にヒザ立ちで歩いてたなぁ・・・
そのせいで、ヒザがカカトみたいに角質化して・・・ww

D7N_1368

一年生、おめでとう!

D7N_1377

仲良しの友達と記念撮影・・・?
超不機嫌!?
さすがに疲れたか。
うん。まだ愛想笑いまで覚えなくてもいいさ。


© 2017 走禅の道

Theme by Anders NorenUp ↑