AuthorSAT

ついに、野良スイカ!?

ども。さっしーです。

以前も書いたことがあるけど、こっちの庭はいろんなモノが勝手に生える。
>>いろいろ生える庭

もちろん、雑草はうんざりするほど生えるけど、野菜や果物が勝手に生えてくるのはけっこう楽しい。
それにしても今回のは爆笑。

ウッドデッキに野良スイカ!!
なんだこれ・・・
どう見てもちっこいスイカだけど、ほっといたら大きくなるんだろうか。
ひとつ実がついたってことは、いくつもできるんだろうか。

そういえば、この場所には、何度か野良ゴーヤも生えてきて、実をつけたことがある。
でも、あまり大きくならず、小さいままでオレンジ色になってしまった。
こぶりなうちに食べてみたことがあるが、不味くはなく、小さいだけで普通のゴーヤだった。
多分、土の栄養状態が良くないんだろうな。

ま、大きくならないにしても、鑑賞するだけでも悪くないし、どうなるのか楽しみ☆
もしかして、、立派なスイカになったりしたらまた報告します~


毎月33万回の反復

ども。さっしーです。
気付いたらもう9月も後半。
ああ。夏が終わる・・・
さんさーらは例年、9月までが繁忙期、10月はのんびり営業、11月からは閑散期。
今年もいろいろあったなぁ。
いろんな人と出会い、うちのことを愛してくれる常連さんもたくさん訪れてくれて。
そして、宿業が閑散期を迎えると同時に、アスリートとしてのレースシーズン。
今年は望む結果を残せるだろうか。

宮古島陸上競技場

朝夕はだいぶ涼しくなった

この夏は、実に、実に、技術改善に力を入れてきた。
僕の実績でこんな言い方はおこがましいかもしれないが、アラフォーで上を目指す以上、年齢の壁は意識してしまう。
10代~20代前半は、はっきり言ってドーピングだ。
どんなキツイ練習しても、ぐっすり眠れば翌日には全快なんて。
いやいや、愚痴る気はないし、現状を嘆く気もない。
彼らはまだ人生の暗黒面を知らないのだから。
堕落の恐怖と魅力を知らないのだから。
彼らが同じ年頃になったら、負けるとは思ってない。

でもオッサンは、今!若い衆に勝ちたい。
だから技術にこだわる。
最近思うようになったのだが、ランニングは極めて技術的な競技なのではないだろうか。
走ることなんて、誰でもできるのだが、技術を追求する人はわりと少ない。
そして、技術を極めるのに必要なのは、なんといっても探究心と反復練習ではないだろうか。
反復で言えば、ランニングはすごい。
一歩一歩がその技術の集大成だとすれば、一日の練習で何度反復するか。
僕の場合、最近でだいたい毎月400km程度を走るのだが、ストライドを平均120cmで計算すると、実に毎月33万歩を走っていることになる。
毎月33万回の反復練習。
こんな競技は他にないのでは???
この33万回を、単純に身体能力の向上(心拍とか、筋力とか、最大酸素摂取量とか)に使っているアスリートは多いと思う。
というか、過半数がそうだと思う。
もったいないんじゃない?
例えば空手家が月に33万回、正拳突きを練習したら、正拳突きの達人になる日は遠くないと思う。
そうしながら、身体能力の向上も並行してできるのだ。

宮古の練習会。ガチの練習をしてる中年アスリートは結構いる。

さらに思う。
例えばフルマラソンを走るときの、技術とパワーについて考えてみる。
レースに向けてパワー(つまるところ筋力)を改善し、1ステップごとに使えるパワーを向上したとする。
とりあえずスピードは上がるはずだが、パワーを使うごとにスタミナを余分に消耗していくので、トータルタイムの向上には、相当の鍛錬が必要だと思う。
対して、技術を向上させた場合はどうか。
技術は1ステップごとに有効であるのは同じだが、スタミナを余分に消耗することがない(だから技術なのだ)。
つまり、42kmの間、ずっと均等にプラスに作用するはずだ。
ほんのちょっとの技術向上であっても、スタミナその他とは関係なく、向上した分だけのタイムアップが望めるのではないだろうか。

・・・とまぁそういう方向でやってみようと思っている。
うまくいかなければまた来年w
今までもそうやってきたわけだし・・・
実はこういう経験こそが、若い衆に対する最大の武器なのかも。

開幕戦まであと1ヶ月半。
今年もよい報告ができるといいなぁ。

ではまた。


陸連登録!

ども。さっしーです。
今日は24時まで寝るわけにはいかず・・・というのも、24時にエントリー開始のマラソン大会があり、しかも先に飛行機を取ってしまったという状況だから。
たぶん、明日でもエントリー間に合うと思うんだけど、万が一取れなかったらダメージでかすぎ!
しかも、同時刻に2つの大会。。
ちゃんととれるか、ちょっとだけドキドキ・・・

さて、この日を意識して申し込んだ陸連登録がなんとか間に合った。

先にメールで登録番号が送られてきてたけど、届いた会員証と一部数字が違うし!!
大丈夫か??沖縄陸連・・・
まぁ、この会員証のほうが正しいと信じるけど。

この「陸連登録」、しておくとマラソンランナーにとっては以下のようなメリットがある。
1)陸連公認大会で、公式記録がもらえる
2)大規模大会などで、前列からスタートできる(場合がある)

僕にとっては、1の公式記録が重要なので。
というのも、一部のエリート限定大会では、一定のタイム以上の公式記録が必須となるからだ。
例えば、僕の目標のひとつである、福岡国際マラソンのエントリーには、公式記録で2時間35分以内が条件・・・
んー、まぁ今年度中に達成できる確率は極めて低いねww
でもまぁ、年会費はほんの2000円、フライイング気味に登録しておいても、テンションが上がるだけで、損はない♪

ちなみに、高校や大学の陸上部は、学校を通じて自動的に団体登録されるらしい。
学生はいろいろ恵まれてるからねー、環境もカラダも・・・
いやいや!こちらには知恵と人生経験がある!
若さには負けん!

エリートランナーの一員となる決意表明を兼ねての陸連登録、さあこれからが勝負☆


今シーズンのガチ遠征は

ども。さっしーです。
秋も間近に迫り・・・いよいよ今年もマラソンシーズンの開幕だ♪
とはいえ、僕の開幕戦は11月頭の、宮古島エコアイランドマラソン。
まだ二ヶ月あるのだが、だいぶワクワク感が高まってきている。

それで、今シーズンのレース計画を立てていたのだが・・・
まぁいつもの島内マラソンは当然一通り出場するとして、悩むのは遠征だ。
日程と予算、それに、マナが渋々OKしてくれるラインでw
今年は、超ウルトラ(100kmオーバー、2日以上に渡るレース)は出ない。
スピードレースをやり切るまで、超ウルトラは封印。
トライアスロンも出ない。
これも、マラソンを極めるまでは封印。
100kmまでのウルトラは宮古以外で出たいのはやまやまだが・・・今回は諦めることになった。

県内プチ遠征は、多良間島とおきなわマラソンにしようと思う。

で、今シーズン、マナは子どもたちと帰省がてら、3月の名古屋ウィメンズマラソンに出ることになった。
これに便乗して・・・僕の方は同じ日程で、帰省を放棄して、遠征にいくことにした。
帰省は去年したから、次は10年後でいいかなw

せっかく内地まで行くのだから、レース一本じゃなにかもったいない(一般人には意味不明かもしれないけど)。
手頃なウルトラも見つけられないので、フルマラソンを二本ハシゴしようと思う。
まずは1本目のレースでベスト更新!
これは多分可能、だって沖縄の大会はどれも暑いからね。
で、2本目のレースでさらにベスト更新!
これができたら遠征大成功♪

那覇から関空は、LCCが就航していて、かなり安いので、関空を拠点に。
まずは兵庫県篠山の「ABCマラソン」
なんかヘンテコな名前だが、れっきとした1万人規模の大会!
そして翌週は能登半島の「能登和倉万葉の里マラソン」
温泉地のマラソンというだけで癒やし満載な感じだが、僕のフルマラソンデビューはこの大会だったりして、ちょっと思い入れがある。

レース以外は急ぐ旅ではないので、旅費を抑えるためにも、移動は基本的に青春18きっぷ。
宿泊は格安ゲストハウス。
テキトーなところで降りて散策したり、ジョギングしたり、宿での出会いを楽しんだり。
そんなオッサン一人旅にしたいと思う。

まだ半年以上も先だが、最近は飛行機のチケットが恐ろしい速度でなくなるので、のんびりはしていられない。
細かい旅程はあとから辻褄をあわせるとして、とにかくチケットは押さえねばならない。

あーそれにしても。楽しみすぎるぞ♪♪


社会見学@ゴルフ場

ども。さっしーです。
毎日がバタバタと過ぎ、気づけばもう8月も終盤・・・
それなのに、1週間前が遠い昔のよう。
ま、夏は毎年こんな感じなのだが。

さて。先週は、PTA主催の小学生キャンプ&社会見学があった。
なんと。8月に2日間だけの、宿の休館日にジャストイン!!
「繁忙期なので協力できなくてゴメンナサイ」と言うつもりだったが、休みなら協力するしかないわけで・・・幸か不幸かw

オーシャンリンクスで社会見学

わが校のほぼ全生徒

社会見学は、当学区内にあるゴルフ場、オーシャンリクス。
子どもたちをゴルフカートに乗せて、いろいろ案内してくれるらしい。
すごい。よくOKしてくれたなー。
僕自身、コースに入るのは初めて。

オーシャンリクスからの眺望

絶景かな

この地区は、海辺が断崖絶壁で、その下にビーチがある。
だから眺めは抜群!
ゴルファーにとっては、海風が強く、なかなか難しいコースだと聞くが。

なんか楽しいぞ

ゴルフカートに生徒たちを載せて、出発!
そう、運転手は父兄w
だから人手が必要なのである。
ゴルフカート、初めて運転したが、意外と難しいのね。
アクセル踏んでから加速するまでに、妙なタイムラグがあるし、アクセル離せば自動的にブレーキがかかるし。
でも慣れたらけっこう楽しい☆

オーシャンリクスの遺跡

ゴルフ場スタッフさんがガイドしてくれます

ときどき、先頭のガイドさんの乗ってるカートが止まって、いろいろ案内してくれる。
社会見学だからね。
それにしても、ゴルフ場内に遺跡があるとは。
ちゃんと壊さずに保存してるのね。
ここの遺跡は、「宮古島のルーツ」だとか。
つまり、最初に栄えた集落の跡地?
現在の市街地(旧平良市)は、この地域が昔の津波で大打撃を受けたあと、人々が移り住んだのだそうな。
へぇ。
まさか集落が津波で潰れて、そこがゴルフ場になるなんて、、当時の人は想像もしませんな。

あの雲はマズい・・・

楽しくカートを走らせていたのも束の間、島の天気は変わりやすい。
生徒たちは
「ヤバイよ!!雨のニオイがするさー!」
って。さすが島人w
実際、すぐに黒い雲が迫って来て、土砂降りに。
もうすこしガイドしてくれる予定だったかもしれないが、残念~

あ、そうそう、蛇足だが・・・

このゴルフ場、すっごいたくさん「野良クジャク」がいる!!
いるいるとは聞いていたが、これほどとは・・・
遭遇した数から推測して、最低でも100は下らないはず。

生徒たちの感想
「クジャクがいっぱいいた」

ではまた。


夏の生活と練習

ども。さっしーです。
お久しぶりです。

毎年のことながら、7,8月は宿屋の繁忙期で、けっこー目の回る生活だ。
ま、沖縄の観光業で、この時期ヒマだったら生活していけないので、満員御礼感謝感激なわけなのだが。
一ヶ月ぶりの更新なので、宿屋のネタもいろいろとあるのだが、そういうのは基本的にマナに任せることにしたので、僕はいつもどおり、勝手な持論と自己主張でいこうと思うw

本業(宿屋)で忙しい日々なのだが、遊び(ランニング)の方はおろそかにしてない。
というか、僕の場合、「遊ぶために働く」のが人として正しい姿勢だと信じて疑わないので、遊べないほど忙しかったら、なにかおかしいのだw
おおよそ、僕の定義では、「仕事」とは「お金をもらうためにする行為」であり、「遊び」とは「お金を払ってでもやりたい行為」である。
だから当然、同じ行為が、ある人にとっては仕事で、ある人にとっては遊びであり得る。
スポーツなんてまさにそうだね。
もちろん、仕事は生活を支えるためにするのが第一だが、生活が成り立つのなら、第二に、遊ぶために仕事するのではないだろうか。

いや、話がそれた、そんなことはまぁどっちでもいいのでw

去年から、この時期は、「宿屋のオヤジ」と「ガチランナー」に徹して、あまり余計なことをしないことにしている。
(奥さん怒ってるんじゃない?と思う方は想像に任せますw)
この時期に走り込まないと、絶対伸びない。というのを実感してるので、なおさら。

さて、秋のフルマラソンまで3ヶ月を切ったところで、最近のメニュー紹介を☆
単位は一週間。
走行距離:90~110km
ポイント練習:3~4回
(内訳:ロング1回、ペース走orTT1回、インターバル1回、など)
つなぎJOG:3回くらい
クロストレーニング(バイク軽め):1回

おお。休み無しw
故障と紙一重の綱渡りが実にスリリング~~♪

まだまだ暑いであろう秋の宮古島大会で、サブ3を出す。
自己満上等、今やらないと、10年後じゃ体がついてこないのだ。
明日も張り切って走りますよ~~♪♪


台風報告と通過中の話

ども。さっしーです。
宮古島・・・というか、保良(うちの集落)、ようやく一通りのインフラが復旧しました~
ご心配おかけしました。

今回の台風、前評判に比べれば大したことがなく、速度も速く、さっさと行ってくれたのだが・・・
まず停電が約28時間。
これは僕らが移住したこの5年間でワースト3。
でも発電機を活用して、生活へのダメージは小さかった。
発電機は最近、画期的な使い方を教えてもらって、非常に便利になったのだが・・・それはまた別の機会にでも。

今回困ったのは通信系のダメージ。
停電と同時に有線インターネットが使えなくなるのは定番だが、今回は同時にケータイ4G通信(ドコモ系)も死亡。
窓際ぎりぎりで、かろうじて微弱な電波を拾えるかどうかで、通話はほぼ不可能。
そして停電が終わった後には、有線インターネットも断線していることが発覚。
丸二日も通信が切れてると・・・けっこー困るw
チェックイン当日に、「道に迷いましたー」って電話してくるゲストさんもいたりするし・・・

それもなんとか復旧して、こうしてブログが書けるようになり、一安心。

さんさーらの台風ランチ

台風ランチ


今回の台風ランチは「マリア様ソーメン」w
卵焼きを宮古島に模して、「マリア」の文字はもずくで。
あ、マリアは今回の台風の名前です、念の為。
ネタは僕が考えたけど、作ったのは全部マナ。


台風ランチは、宿に缶詰になってしまったゲストさんへの無料サービス☆
外食もできないからねー
笑ってもらえたので、ネタとしては上々w

昼間からのんびりおしゃべりして、お酒飲んで、ゲームして・・・
夜になったら子どもたちは「肝試し」と称して、暗闇の廊下や無人の客室でキャーキャー。
天気に恵まれるに越したことはないけど、これはこれで思い出になったかな♪


集中豪雨ラン

ども。さっしーです。
なにやら、宮古島の豪雨が、全国ネットで放映されているとかいないとか。
「大丈夫ですか」という心配の声を何件もいただいております。
はい、僕らは大丈夫です。
この天候に当たってしまったゲストさんは気の毒ですが・・・・。

ま、確かにひどい天気で、今年一番の大雨、雷、はては6時間の停電。
それでも、被害というか迷惑度は、並の台風より全然マシなわけで。
雨戸も閉めないし、飛行機もほとんど止まらないし、食材の欠乏も特にないし。
そして、暴風じゃないので外出できる。
暴風警報なら引きこもるが、大雨警報なら・・・今日も走らねばw
(宮古は土砂災害リスクはほとんどない)

マナからは「はーいはい、勝手にすれば」と、愛情あふれる許可をいただいたので、早速。

宮古島 集中豪雨

スタートと同時に着水確定


ランニングというより、水泳みたいなもんだし、人もほとんどいないだろうから、上半身裸でもいいかー、とか思ったが、寒かったので却下w
やはり人間、走るときは服を着るほうがいいな、うん。

宮古島 集中豪雨

くるぶしくらいの水深


あのときの100kmマラソンに比べたらマシぢゃんか。
日々の猛暑ランより、むしろ涼しくてちょうどいいわい。

宮古島 集中豪雨

畑が地学標本みたいに


うちの正面でこの絵を見て、慌ててカメラを取りに戻った。
こりゃネタにしない手はないぞw

宮古島 集中豪雨

街道(城辺線)は水没


100mも行くと、道路が早速川になってる。
カメラ取りに戻った甲斐があるわ。
なんかヤシの葉っぱとか流れていくんですけど。

宮古島 集中豪雨

昨日は歩道だった


いつもは、前夜にできた蜘蛛の巣にかかるのがイヤで、歩道を避けるんだけど。
今日は・・・選択の余地なしw

宮古島 集中豪雨

はいはい、また渡渉ね


ランシュがビブラムでよかったと思う瞬間。
ビブラムはほとんど水を吸わない(吸うところがない)からねー

宮古島 集中豪雨

川ですか?


何百回も走ったコースなのに、いつもと違いすぎて、立ち止まってばかり・・・

宮古島 集中豪雨

茂みに滝が出現


「川」の存在しない宮古だが、こういう豪雨のときだけ、川らしきものや滝みたいのが出現する。
極めて水はけがよい土地なので、少し小降りになると消える。

宮古島 集中豪雨

芝生の広場が池になった


いつものコース、折返しの東平安名崎。
立派な池ができたもんだなぁ。

宮古島 集中豪雨

東平安名崎も真っ暗

東平安名崎 宮古島

つい先日、だいたい同じ場所

さて、写真も撮れたし、帰りは飛ばして帰るぞー、涼しいからいいタイムでいけるかなー
と思ったが、案外遅かった。
逆風でビシバシ顔に当たる雨のせいもあったのかな・・・

単調になりがちな練習に、いい精神的刺激になったかも。
良い子は真似しないでくださいね。


保良の気持ちいいシーズン!

ども。さっしーです。
今回宮古をかすめた台風7号、被害は軽微・・・いや、皆無か。
宮古付近を通過する際の勢力が弱かったのと、東側を通ったことがラッキーだったのかな。
雨戸を閉めるタイミングすらなかった。
飛行機欠航で旅程が潰れてしまった方には同情いたします。

さて。
梅雨が去っていよいよ夏本番、ランナーとしては試練の時期なのだが・・・ちょっとした楽しみもあったりする。

保良川の無料プール

どんな温泉より最高


練習後に飛び込む無料プール!
熱中症一歩手前か一歩向こうか、身体が火照って頭がクラクラするときにザブンと!
「あー!生きててよかった!!」と思える瞬間。
大げさかに聞こえると思うけど、ホント。

保良川プールの水源

ここが水源


湧き水なので、井戸水同様、真夏でも冷たい!
昔からこのあたりの集落の重要な水源だったようだ。
(今は水道水の水源を地下ダムに頼っているので、生活用水としては使われていない)

ちなみに一番多用しているランニングコースは(11.5km)は・・・

東平安名崎の道路

道は続くよ真っ直ぐに~♪


さんさーらから一路東へ、目指すは宮古の東端、東平安名崎。

東平安名崎灯台

折返しは東平安名崎灯台


この灯台まできたら、残り半分。
観光名所でもあるので、旅行者でいっぱい。
「この猛暑の中で何やってんだ!?」
という目で見られるのが、最近では快感w

東平安名崎 宮古島

絶景


猛烈に暑いことを除けば・・・

東平安名崎 宮古島

どこ見ても絶景


大変恵まれたコースだと思う。

保良川の無料プール

この急坂を途中まで降りれば極楽


復路、うちまで1kmを残して、ここでプールタイム♪
冷えすぎてもいけないので、5~10分くらい熱を冷まして、のこりはのんびりジョグして帰る。

帰ったらシャワー浴びて、午後のお仕事という流れ。
アスリートはもっと保良に住んだらいいのにね~~w


やっぱりステーキが宮古にやってきた

ども。さっしー@やっぱりMECです☆

断酒時代にはMEC食を腐していたときもあったけどね、やっぱり体重を絞りつつ、体力を維持、心身への負担も軽く、となると、MEC以上の選択肢が今のところ見当たらない。
(腐してすんませんでした)
ついでに、長距離ランナーの脂質代謝におけるメリットも独自の考察があるんだけど・・・ま、それはまたw

でも、MECを含めて、糖質制限全般、困るのが外食。
ひとりならまだ、コンビニのレジ横メニュー(唐揚げとか焼き鳥とか)を選んだり、スーパーの惣菜コーナーで、肉系をいくつか選んだりできるけど、連れがいるとそれも申し訳ない。
ファミレスで肉系単品メニューを3つとか頼んだりもするけど、微妙な気分w

そんな偏食アスリートに救世主!!

やっぱりステーキ

やっぱりステーキ


知らなかったけど、県民の間ではわりと有名な外食チェーンらしい。
その名の通り、ステーキ屋さん(もちろん牛)なのだが、吉牛的なノリでランチに使えるのがうれしい。

「やっぱりステーキ」300g

「やっぱりステーキ」300g


店名そのままの「やっぱりステーキ」が一押しメニューのようだ。
これで1480円!(300g)
標準の200gなら1000円!!

やっぱりステーキ ライスとサラダおかわり

コメは白米と雑穀米が選べる


サラダとライスはおかわり自由。
偏食家はライス食べないので肉多めになるが、普通の人なら1000円で十分満足できるはず~♪

やっぱりステーキ 調味料

調味料各種


味付けも、好きな調味料を選べるのがうれしい。
僕の好みは、いろいろ試して、「岩塩+ブラックペッパー+にんにく+わさび」。
沖縄定番の「A1ソース」は・・・僕にはナイなw
うちなーんちゅにはなりきれないらしい。

やっぱりステーキ レア

生っぽいのが好き♪


焼き加減が標準でレアというのも、僕の好みだな♪
ウェルダン以上の焼き加減は注文時に頼むらしいが、ミディアムまでは、ステーキの乗ってる鉄板、、じゃなくて岩盤で、各自焼いてね、ということ。
この値段で岩盤まで使ってるとは、なかなか大したものだ。
肝心の肉の方は、1000円程度の肉とは思えないほど柔らかくてジューシー!
ファミレスのステーキとは大違い!!
さすが専門店というところか。

まぁランチ1000円はそれ自体安くはないが、ちょこちょこお世話になることは間違いなさそう♪
肉食最高♪


今シーズンの10km基準タイムは?

ども。さっしーです。

梅雨が開けた宮古島。
湿度のピークは越えて、これからは紫外線が本番。
真っ青な空に積乱雲、いよいよ真夏か。

僕たち宿屋を含め、観光業の関係者はこれからハイシーズン。
さんさーらもほとんど休み無しでフル稼働。
そして、よりによってこの時期が、なぜかトレーニングもピークという・・・僕だけかもしれないけどw
なんか、忙しいほうが練習も集中できるみたいで。
余分な時間はないから、ダラダラしないでスパッと集中して高強度練習やって、その間に洗濯機回しておいて、昼ごはんを掻き込んだら、晩ごはんのための買い出しに行って・・・
しんどいけど嫌いじゃないw
ちなみに通常、練習できる時間帯は、宿の朝食や夕食に絡まない、10時~14時くらい。
つまり、猛烈に暑い時間。
熱中症真っ盛り♪
こんなアホなことやってる自分もまた嫌いじゃないw

さて、昨日は早起きして10kmTT(タイムトライアル)など。
この日はどうしても日が昇る前に10kmのタイムを測定してみたかったので、5時起きで走ってみた。
日差しがないので涼しく感じるが・・・気温27度、湿度は88%。
アップから汗だくw
10kmのタイムは44分26秒(GPSウォッチ)。
前半からかなり息が上がって潰れそうだったが、なぜか後半の方がペースアップ、ラスト1kmは4分16秒。
真夏のタイムとしてはまぁ上出来・・・
(去年のこの時期は50分以上かかってる)
このタイムを基準にして、強化練習によるレベルアップ具合を測っていきたい。
目指すところは少々見栄を張って38分台!
秋のフルマラソンでサブ3だ♪♪

先月から研究してきた新走法も、だいぶ身体に馴染んできたようで、おおよそ実用段階に入ったという感じ。
全身で弾むような走り方は、実に爽快感があって気持ちいいのだが、スタミナを消耗するのが悩みだった。
が、慣れるに従ってフォームの角が取れて、省エネで弾めるようになった気がする。
多分、走り込むほど洗練されていくと思うので、秋のレースが楽しみだ。

あ、今回のTTは、先日紹介したニュービブラムを履いたのだが・・・
想定通り、踵が靴ずれw
(もちろんワセリンは塗った)

これさえなけりゃねぇ、V-RUN。


ニューシューズ!

ども。さっしーです。
今日は前回の続きでbpmランニングについて書こうと思っていたんだけど・・・
どうにも頭の中で文章がまとまらなくて、先送りにすることにした。
未来の自分に丸投げw
最近ちょっとノリが重くてよくなかったな。
持ち物も価値観もノリも軽めでいかなきゃね、続かないでしょ。

今回はニューシューズ!!
またかよ!買いすぎだろ!!
と、自分でも思うけど。

vibram V-trail

引退宣言

そろそろ限界だった


履きつぶしての買い替えなので、いたしかたなし。
ふところ痛し。

いつも通り、小指の付け根のソールが擦り切れて穴が空き、そこだけ裸足状態。
足裏でそこだけ、角質が凹んできてるw
走ってて小石とかが当たると呻き声が漏れるww

石垣の60kmで一気に擦り減った気がする。
やっぱレースは無理するからかなぁ。

vibram V-RUN

V-RUN(四代目)


そしてなんとか間に合ったニューシューズ。
先代がそろそろ、本気練習に難ありの状態になってたからね・・・
マイカラーのオレンジが手に入ったのも嬉しい♪

ところで、vibramのシューズにはいろいろとモデルがあるのだが、ランニングに特化したモデルはそんなに多くない。
いくつか試したが、現役モデルだとこの「V-RUN」一択だろう。
先代はV-TRAILというモデルで、悪路やトレイルに対応したモデルとのことだが、アッパー素材が厚くて硬めなのがちょっとイヤだった。
(ついでにちょっと重いし)
僕は裸足でvibramを履くので、アッパー素材が硬いと、あちこちに靴ずれをおこしてしまう。
おかげで本気練習のときは、足をワセリンでベトベトにして走ることにw
その前に使った「KSO EVO」は、価格が3割位安いのが魅力だったが、ソールが薄過ぎで、半分の走行距離で穴。
実は割高というオチ。
結局、以前快調に3足履きつぶしたV-RUNに戻ってきた次第。

蛇足だが・・・
他モデルに浮気した理由のひとつが、僕はV-RUNだと踵上(アキレス腱のあたり)に靴ずれを起こすということ。
まぁ新品のときだけなんだけど。
だから履き慣れて柔らかくなるまでは、踵あたりにワセリンを塗らなきゃならない。
まぁ足全体に塗るよりマシだw
フォーム改善の副産物として、靴ずれやソールの減りが軽減しないかなー、なんてちょっと思っている。

vibram V-RUN

ソールがまっさら!(あたりまえだろ)


ああ。新品のランシュ♪♪
今だけは無臭のビブラム♪♪
今日だけは室内に置いておこう♪♪

ではまた☆