Page 2 of 27

160㎞耐久ラン in Nagoya vol.1

一週間ほど帰省旅行に行ってきた。
PB090008
(飛行機にて)

PB090002
(那覇空港にて)

何年ぶりだろう??3年?4年??
あまり帰省に執着はないので、どちらでもいいや。

でもせっかく帰るなら、誰に会おう??
一週間のうち後半は家族で過ごすことになっているので、前半を単独行動で、会いたい人たちに会うことにした。
もちろん、会いたい全員は無理。
うまく都合のついた人だけ。
とりあえず、二人の祖母には会おう。
祖父の一人は子供のころに他界しているが、もう一人は宮古移住後に亡くなった。
葬式に行けなかったことはどうとも思わないのだが、最期の何年かに会えなかったことは少し悔いが残った。
個人的な感覚だが、生きているうちに関わってこそ孝行であり、葬式やら通夜やらは社交辞令だと思ってる。
本人がいないのに孝行にはならぬ。
だから両ばあちゃんには会いに行こう。
他に、学生時代の仲間の何人かとアポが取れた。

さて、ここでウルトラランナーの奇妙な性分が出てくるのである。
ただ人に会って、しゃべって、遊んで、メシ食って、酒飲んで・・・じゃあスパイスが足らんな。
第一運動不足だ。
よし、全部走るか!!!
空港からレンタカーは借りるが、前半はYOME(と子供たち)が使う。
よし、電車に乗らずに走ってみよう。
ざっくり試算して、4日間で160㎞程度。
十分可能!
問題は・・・遊びすぎ、飲みすぎ、睡眠不足。
ま、超ウルトラのデモだと思えばまた一興。

<計画>
1日目
1st stage
名古屋(実家)~愛西市旧八開村(ばあちゃんち) 約17㎞
2nd stage
旧八開村~刈谷(学生時代の悪友たち) 約45km

2日目
アトラクションstage
麻雀??飲み会??バカになって遊び倒す!!

3日目
3rd stage
刈谷~岐阜(古くからの変人仲間) 約60㎞

4日目
ファイナル stage
岐阜~実家 約35㎞

ちなみに、もうひとりのばあちゃんは、実家近くに住んでいるので、0日目に会うということで。
いやぁ、平和、平穏なはずの帰省旅行がバケたね!!
YOMEが怒るかと思ったけど、「あー、はいはい、どーぞ」といういつもの感じでw
寛大じゃないとウルトラランナーの妻は務まらないかも??
ありがとうございます。

そんなわけで、何日かシリーズでお届けします☆

>>vol.2はこちら


旅ランの実験

3年ぶりに、宮古のアスリートグループ「ガッチャ」主催のインターバルトレーニングに参加した。
メンバーも増え、レベルもアップ。
「一人練習こそオッサンアスリートの醍醐味」とか思ってるけど、たまにこういうのもイイなぁ。
レベルは様々なので、スタートと同時にいくつかのグループに分かれて走る感じだけど、とりあえず僕は行けるとこまでトップグループについていってみることに。
800mを3分のペース。
今の自分には結構な無理ゲーだけど、8周のうち4周半までついていけた。
上等上等。

PB070002

ガッチャのみなさん、ありがとうございました。
宿がオフの間は、時々お邪魔します☆

さて、我が家は明日から1週間ほど愛知県へ帰省旅行。
いろいろな事情で、滞在中の半分くらい、僕は単独行動の予定。
単独ということは好きにしていいということ。
こんなとき、キチガイ・・じゃなくて、ウルトラランナーとしてはどうやって自由を満喫するか!
単独行動中、乗り物に乗らない!
全部走るぜ!

さてさて、うまくいくかどうか。
わくわくするなぁ。
目的地は、名古屋市、西三河、岐阜とバラバラ。
行動計画を元に走行距離を試算すると、4日間で150km以上は走ることになりそう。
ん?宮古一周半程度か。
体調さえよければなんとかなるかな~w


スランプ脱出!

今年もついにシーズン開幕、エコアイランド宮古島マラソン、走ってきました☆

PA290041

今年はYOMEもフルに参戦。
産後初の復帰戦なのに、練習不十分、完走できるか不安らしい。

コンディションは曇りのち晴れ。
最高気温26度・・・そして爆風。
この大会にしては涼しめだけど、台風通過後の吹き返しがヤバい。
ちなみに前日に那覇で航空機が大量欠航したため、出場できなくなった選手も数百人。
いろいろとイレギュラー。

僕の方のコンディションは絶好調。
手前味噌だが、この夏は宮古島の誰よりも練習したと本気で思ってる。
7月は減量のために糖質制限、そして一日も欠かさず90分走。
もちろん猛暑、炎天下。
宿のオヤジという仕事柄、この繁忙期に自由時間を捻出できるのは、だいたい10~13時くらい。
体が慣れるまで、失神しそうだった。
8月からはスピード&スタミナ強化に切り替えて、週6の練習。
200m坂道ダッシュ×20本とか、20km全力走とかのキチガイ練習が3回、残りの3回が10kmくらいのジョギング。
走りながら、「今、宮古でこんなアホなことしてるのは絶対俺だけだ・・・」って何度思ったか。
ま、角度を変えて見れば、仕事と練習しかしないアホな夫を黙認してくれてたYOMEが一番エラいかもしれないが。

とにかく、その結果として、劇的な走力向上を実感してレース本番。

目標は3時間20~30分。
風と気温の様子を見ながら、調整していく方針。
前半は抑えて、抑えて、自重して、少しずつペースアップして、30kmあたりから全力で行く作戦。

入りは4’49/km・・・結構なオーバーペース。
抑えて抑えて、と思いながらも、どうしてもオーバーペース気味。
前半の難所、伊良部大橋はひどい爆風で進めないに違いないから、少しくらいは貯金を作っておいてもいいや、と考え直す。
伊良部大橋は予想通りの爆風。
予想通りだから別にどうってことない。
もっと酷い日にも練習してたし。

その後も逆風さえすぎれば体が軽い軽い。
追い風の効果もあって、ペースは4分30秒台に。
足が途中で潰れないか若干不安だったが、呼吸がラクなうちはペースダウンせずに行くことにした。

中盤の難所、来間大橋。
先に折り返してきた上位選手たちとすれ違う。
すごく選手間の距離が空いているので、人数を数えてみた。
……12人。
目の前が折り返し地点だから、これ以上はいない。
現在13位。
ゴールまで15kmくらい残して、あと3人抜けばベスト10、もしも7人抜けば表彰台!
これはテンション上がる!
しかも、視界には団子になって走っている3人組の選手が。

もう細かいペース配分はこだわらないことにして、とにかく前の選手を追いかけることにした。
だがさすがに速い。
こっちはペースアップしてるんだから、じきに追いつくはずなのに・・・
3人組を視界に捉えてから実際に抜くまで、実に5~6km走ったと思う。
とにかくこれでベスト10入り濃厚!
さて次!!
が、しかし、見渡す限り前方には誰もいない。
対向車線は選手でぎっしりなのに。
誰かいる!と思ったら走路員のボランティアさんだったとかそんなんばっか。

すでに35km以上走った。
呼吸は苦しいが、なんとか持ちそう。
次の選手にはもう会えないのか・・・と思った頃、はるか前方に選手の影が。
よし・・ここからゴールまでは、あの人との勝負だ。
影も形も見えなかったのに、数百mまで詰めたんだ。
きっと追いつくはず。

必死で追いかけて、残り3kmあたりで追いついたその選手は、大先輩のKさんだった。
うお。このひとサブ3ランナーだぞ。。。
多分、不調なんだろうけど、金星はありがたく頂戴します♪

予想通り、その先は再びずっと無人だった。
(正確には、ハーフの部の最後尾ランナーたちが大勢いた)
ただ、ビルに反射する自分の足音が、すぐ後ろからKさんが追い上げてきてるように聞こえて、振り向かずに必死でペースを上げる。
そのまま、ライオンに追われるシマウマみたいに競技場のトラックを駆け抜けてゴール!
タイムは3時間19分50秒。
総合9位。
うしろには、追いかけてきてる選手などいなかった。
でも、誰もいないのを確認してたら、3時間20分は切れなかったなw
最終ラップは4’10/km、インターバル練習なみのペースだ。
どこにそんな力が残ってたか、思い込みって怖いね・・・

3年ぶりの自己ベスト更新、前大会からだと約50分の短縮。
最高の開幕戦だった。
今シーズンはベスト連発してやる。

PA290056

YOMEも無事に完走して、選手限定の宮古そばを。
あれだけ「自信ない」を連発していた割に、5時間10分でこちらも自己ベスト。
心配していた胃の不調もなかったみたい。
うん、こちらも上出来。


大会シーズン到来

宿の繁忙期が終わった。
そしていよいよマラソンシーズンの開幕。
僕の開幕戦は来週の「エコアイランド宮古島マラソン」。
フルマラソン。
今年の夏はこれまでになく走り込んで、現在絶好調!
今シーズンはたくさん自己ベストが出せそう♪
とりあえず、開幕戦の目標タイムは3時間20~25分。
気温や風のコンディションを見て微調整の予定。

その3か月後には、宮古島100㎞ワイドーマラソン。
目標タイムは9時間。

その翌週に、TOFR2018。
今年のコースは、240㎞。
3日間のステージ制レース。
前回は辛酸を舐めたが、今シーズンはいけるでしょう。
まぁ、、100㎞から中五日で超ウルトラってのが・・・笑えるけどw

そして、5月に石垣島の60㎞マラソンで締め。

いやー、楽しみすぎるぜぇ。
マラソンシーズン最高。


トライアスロン、休業します

まぁいろいろ考えたんだけど、当面、ラン一本に絞ってがんばろうかと。

宮古トライに関しては・・・
せっかく宮古にいるんだから、トライアスロン出たい。
去年は負けたライバルに勝ちたい。
今はまだまだだけど、表彰台も狙いたい。

いろいろと思いはあるけれど、やっぱり好きなのはラン。
トライアスロンやってても、スイム、バイクはランまでのつなぎでしかない。
今年はランの上達の手ごたえも感じているし、フル、ウルトラ、超ウルトラでも記録を伸ばしたい。
ぶっちゃけ、スイムやバイクの練習してるヒマがあったら走りたい。

成績を現状維持するだけならどうってことないけど、上を目指すなら、ランとトライの二足の草鞋でやっていけるほど器用でもない。
きっと平凡に終わる。
やだ。勝ちたい。
人生において、勝利ほどの快楽が他にあろうか。

いろいろ目標とかあるけれど、あまり前のめりなことを公然と書きまくるのは恥さらしなので、またいずれ。


© 2017 走禅の道

Theme by Anders NorenUp ↑